ドローンの販売をテスト飛行済と録画記録で行ってきました

MATRICE600 (A3、ZENMUSE Z15 (GH4、5D、A7から選択)、バッテリー6本、充電器2台、組立費50,000円込み-一式

782,564円(税込)

金額には、すべてのセットと組立費飛行確認費50,000円(税込)も含まれています。
●GooGleEarthのサービスが終了以降のDATALINKについてのお問い合わせが多いのですが、M600と送信機には同じ機能のWaypointが内蔵されていますので、推奨します。Waypointモードは、記録重点、コース重点、フリーの3つを選択可能です。これまでのDATALINKでは、先に地上でポイントを設定し、いきなり飛行と撮影を行ってきましたが、進化した最近の方法では、まず上空でアングルを決めながらPOINTを設定しておきます。次にDONEを押して、飛行に入りますとロケハン済みですから、やり替えの回数が大幅に減り、短時間で効率的な飛行ができる特長があります。もう一つの利点は、DATALINKの場合は、もう一台のタブレットとバッテリーが必要でしたが、内蔵WayPointを活用すると、操縦している送信機だけで事足ります。
*---------------------------------------*

6個の6Sバッテリーを並列しているので長い飛行が可能。フライトコントローラは安定している新型A3搭載 !(組立調整費込み)
MATRICE600はセンターボードにすべてが集積、アームを広げるとプロペラ端までは1.5mあり想像より大きく感じられます。風速3〜4m下での飛行では、かなり安定しており、RTHの位置も正確です。 S900よりもバッテリーの効率と容量が大きく、航空法で要求される並列バッテリの要件も満たしています。SSDとレンズが一体になったX5Rや映画撮影用スタビライザーRONIN MXの取り付けも可能。変わった組み合わせをご希望の場合は、ご相談くださいませ。

イメージはありません。